高校生でも背は伸びる

MENU

高校生でも背はまだ伸びる!

もう、高校生だから背は伸びないんだろうな・・・

 

そんな風に諦めてしまっていませんか?
確かに、背が伸びる時期というのがあり男の子であれば12才〜14才。女の子であれば10才〜12才くらいと言われています。

 

成長期は個人差があるために、小学生の段階で一気に身長が伸び、その後ストップしてしまうということもありますが、だからといって諦めるにはまだ早いんです。

 

現に、高校生になってから急に背が伸び始めたり、ずっと伸び続けているという方だっています。

背を伸ばすのに必要は3要素

何もしなくても背は伸びます。
ですが、自分の努力である程度背が伸びるための手助けをすることもできるんです。

 

身長を伸ばすための3つの要素がありますのでご紹介しておきます。

 

1.睡眠
主に睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは背を伸ばすために非常に重要な脳内物質。
背を伸ばしたいなら遅くとも夜の10時には就寝しましょう。

 

2.運動
骨に適度な刺激を与えるために運動も必要です。特に「縦の刺激」が重要。
飛んだり跳ねたりという動きですね。縦方向への骨への刺激は、軟骨を伸ばすための手助けをします。

 

3.栄養
栄養が偏っていると身長が伸びにくいケースがあります。カップラーメンやハンバーガーなどばかり食べていると、栄養が偏り背が伸びにくくなると言われています。
肉だけでなく魚や野菜など、バランスのいい食事を摂りましょう。

親が低いから自分も背は低いは嘘!

うちは親が背が低いから、自分もこれ以上伸びないんじゃ?

 

もし背の高さが身長が遺伝だけで決まってしまうなら、日本人の平均身長は低いままです。
現在日本の平均身長は男の子で170p、女の子で158pとされています。

 

昔は160pもあれば高身長と言われていました。
遺伝が身長に及ぼす影響はそれほど大きくありません。

 

遺伝のことなど気にせずに、背を伸ばしたいなら自分にできることをしましょう。

まずは自分にできることから始めよう

身長に必要な3つの要素でも挙げたように、身長に必要なのは睡眠、運動、栄養の3つです。
どれも自分にできるものですが、中でも3.の栄養はなかなかに改善しにくいもの。

 

もし、どうしても栄養だけは自分でなんとかしにくいということであれば、
身長応援サプリメントのアスミールを試してみるのがいいかも。

 

サプリメントというと、ちょっと怖いイメージがあるかも知れませんが、要は必要な栄養素を粉末状にして固めたものです。

 

手っ取り早く、かつ簡単に身長を伸ばすのに必要な栄養素を摂りたいならこれほど便利なものはありませんよ。