成長期を早くする方法

MENU

成長期を早くすると身長が高くなるって本当?

 

「子供の成長期を早くして、将来的には身長180pの高身長に・・・。」
親としては少しでも子供の身長を高くしてあげたいと思いますよね。

 

ですが、「ちょっと待った!
本当に成長期が早く来れば、将来的にも高身長になるのでしょうか?

 

実は成長期はあまりに早く来すぎると将来的な身長の伸びが悪くなると言われているんです。
確かに、早めに成長期が来れば小学校の時代はスポーツでも有利になりやすいです。

 

ですが中学生くらいになってからパタッと身長の伸びが止まってしまい、周囲の友達にどんどん背を抜かれて行ってしまうんですね。
そのため短期的な高身長ではなく、将来的な高身長を目指すならなるべく成長期は遅くしてあげましょう。

 

 

成長期を遅くして高身長を目指すのに必要な3要素

 

子供の身長が伸びる「成長期」でもっとも重要なのは成長ホルモンです。
成長ホルモンは脳から体に「背よ、伸びろ〜!」と命令するための信号のようなホルモン。

 

この成長ホルモンが分泌されることで骨の骨端線と呼ばれる軟骨部分が成長して骨が伸びていき、それに伴って身長も高くなっていきます。

 

そのため、成長ホルモンの分泌があまりに早期に分泌されないようにするのが高身長の肝です。
成長期を遅くするために必要な3つの要素をご紹介します。

 

 

@充分な睡眠を取ること
A過度なストレスをためないこと
B栄養をバランスよく摂ること

 

身長を伸ばすために必要な要素と重複する部分もありますが、成長ホルモンの分泌を遅くするのには上記3点が重要です。
充分な睡眠は脳内のホルモン分泌を適正にしますし、ストレスは子供の精神バランスを崩し成長ホルモンの分泌を不定期にします。
そして栄養バランスの崩れは精神と肉体両方に影響を及ぼしますので、こちらも重要です。

 

一般的に言われている「健康的な生活」を送っていれば問題ありませんが、これがなかなか難しいですよね。
この3つの背を高くする要素のうち、栄養バランスについてはアスミールなどでサポートすることができます。

 

子供の高身長を目指すなら、成長期を早めるのではなく、適切に成長ホルモンがでるように家庭環境を整えてあげましょう。