発達障害 栄養失調

MENU

発達障害児の好き嫌いによる栄養失調対策に便利な健康飲料とは?

発達障害の栄養失調

子供は多かれ少なかれ食べ物の好き嫌いがあるものですが、発達障害を持っている子供は特にその傾向が顕著ですよね。
中には「むき海老しか食べられない」「シイタケしか食べられない」など、特定のものしか喉を通らないということも。

 

空腹になれば食べるだろうと放置しておくと、栄養失調に陥り肝機能に障害を起こしてしまうという事例もでています。

 

「食べられないものは、食べられない」

 

こればかりは時間が解決するのを待つしかないのかも知れません。

 

ですが、栄養が不足しているとその後の成長にも影響しますし、
最悪栄養失調で入院ということにもなりかねません。

 

 

そんな時に便利なのが、子供が好むココア味の健康飲料「アスミール」

 

アスミールは子供の栄養補助を目的として開発された健康補助飲料。
なんと、たった1杯で子供が1日に必要とする栄養素の80%以上を摂取できるんです。

 

 

発達障害で偏食、好き嫌いが激しく、牛乳も飲めないという方でも
ミルクココアにすると飲めたというケースもあります。

 

「これを飲めば発達障害が改善する」

 

というものでは残念ながらありませんが、間違いなく栄養不足解消には役立ちます。
もし、お子さんの栄養バランスに不安があるようでしたら
試してみてはいかがでしょうか。

 

>>1杯で1日に必要な8割の栄養が摂れる健康飲料の詳細へ


発達障害時の栄養補給でやってはいけないこと

発達障害をお持ちのお子さんはどうしても好き嫌いが激しくなる傾向があります。
シイタケがどうしても食べられない、お肉は一切口に入れられないなど
お子さんの好みによって様々です。

 

そうした時に、親としては好き嫌いをなくしたい。

 

栄養バランスを取らせたいという理由で
なんとか食べさせようとしたくなるのは当然。

 

気持ちは分かりますが、そんな状況で「絶対にやってはいけないこと」というものがあります。

 

それが、無理に食べさせるいうこと。

 

発達障害を持つ、持たない関係なく、無理に嫌いなものを食べさせるのはよくありません。

 

特に発達障害児には絶対NG。
こうした障害を持つお子さんは特に食べ物関連には敏感。無理に食べさせても食べられませんし、
食べさせたとしたらその後の心の傷は大きいものになります。

 

食べさせなければ栄養バランスが崩れ、
無理に食べさせれば心のバランスを崩してしまう・・・

 

難しいところですが、自然に食べられるようになるまでは
他の手段で栄養を補給してあげてくださいね。