偏食 身長

MENU

偏食は身長に影響するの?

子供のころの偏食は身長の伸びに影響するんです。

 

身長を伸ばすためには、

  1. バランスの取れた栄養
  2. 十分な睡眠
  3. 適切な運動

が必要です。

 

このうち、偏食などで栄養素が偏ると身長が伸び悩むといわれています。
その理由は成長ホルモンの分泌とカルシウム。

 

成長ホルモンが分泌することで脳から骨(骨端線)に「骨を伸ばせ!」という信号が流れます。
ですが、必要な栄養素が体内にないと成長ホルモンの分泌が滞り骨が伸びないこととなります。
骨が伸びなければ当然ながら身長も伸びません。

 

また、仮に成長ホルモンが分泌されたとしても、カルシウムがしっかりとれていないと骨を伸ばすために必要なカルシウムが不足するため伸び悩む、または骨の中身がスカスカになるという悪影響が。
さらにカルシウムは体内への吸収率が悪いため、ビタミンDと一緒に摂取することが必要になります。

 

偏食のお子さんの場合、どうしても栄養バランスが偏りますので身長が伸び悩む。
ある程度伸びても成長途中で突然止まる。
身長は伸びても体が弱く眩暈や集中力の欠如、情緒不安定など多くの悪影響を及ぼします。

偏食をなくす方法

 

ですが、偏食を強引に治そうと無理に食べられないものを食べさえるのはよくありません。
無理に食べさせた結果、大人になっても食べられないまま、というPDST(心的外傷)を患ってしまうケースも多々あります。
そうならないためには、無理に食べなくても自然に食べられるようレシピを工夫したり、食べられるまで時間をかけて待つ、という手段も必要です。

 

ですが、その間はどうしても栄養バランスが不足、崩れたままというのはよくありませんよね。
そこで偏食が改善されるまでの期間は「栄養バランスに優れたサプリメント」を飲ませるというのもいい方法です。

 

最近は身長を伸ばすのに効果的といわれている健康飲料などもありますので、そうしたものを併用しながら食べられないものを食べれるようにしていくといいですよ。

 

>>栄養バランス最高峰のサプリメント詳細へ